マンション購入で失敗しない為に事前にやっておく事

マンションの設備について

マンションの設備は日々進化しています。色々なマンションが次々に建てられている中、設備の充実はマンション購入の決定に大きく関わります。賃貸マンションでも、便利な機能が設備されてることは空き室回避に大きくつながります。水周り、空調、収納、セキュリティ、バルコニー、インターネットなど、生活を便利にする設備は色々とあります。
キッチン周りでは浄水器、食器洗い乾燥機はほとんど標準設備であり、最新のマンションではディスポーザーなど、生ゴミの粉砕機が設備されていることも多くなっています。ゴミ問題への関心が高まる中、便利かつ、ゴミ問題に対しても有効な機能です。空調に関しては床暖房が標準設備となっていることが多く、浴室換気乾燥機もカビ防止や洗濯物を乾かすの人気があります。
女性、特に主婦層が気にするところは収納です。洋服、靴、食器など、大きく便利な収納スペースは重要です。そして、毎日毎日様々な事件が起こっている現在、欠かせないのがセキュリティシステムです。TVモニターつきのオートロックシステムの設備は勿論、エントランスやエレベーターには24時間の防犯監視カメラやシステムなどが設備されているマンションも多くなっています。

マンションの防音について

マンショントラブルで非常に多いのが、騒音の問題です。気になりだすときりがなく、ストレスなど精神的苦痛につながることもあります。マンションの外からの騒音のレベルを表わす数値としてdBがあります。dBの数値は低いほど騒音のレベルが低く、このレベルに対応する室内の騒音等級はNで表されます。
このトラブルを回避するための防音、遮音対策として、音のする方に大きな家具を置く、厚手のカーテンにする、防音ガラスにするなどの方法があります。マンションの中には、防音のレベルは異なりますが標準装備で防音ガラスになっていたり、防音サッシや二重サッシになっているマンションもあります。また、マンションの上下階のトラブルの原因となるのが床からの衝撃音です。
床からの衝撃音に対する遮音等級はL値で表されます。人が飛び跳ねる音などは重量床衝撃音、歩く音などは軽量床衝撃音になります。Lで表される数値が低いほど遮音レベルが高くなります。床からの衝撃を和らげる対策としては、衝撃を吸収するカーペットを敷くなどの方法がありますが、マンションの構造や素材によってはそれだけでは防音仕切れない場合もあります。また、立地条件によっても防音の必要性が高まってきます。

マンションの騒音問題について

マンショントラブルの主な原因となる騒音は、マンションの構造的な問題によるもの、住民の問題によるもの、マンションの周囲の問題によるものなどが上げられます。マンションの構造的な問題は、遮音性、防音性の低さとなります。防音ガラスや二重サッシなどが騒音対策として取り入れられていますが、GLと呼ばれる構造の壁は遮音性、防音性が低く、また、壁や天井の厚みも関わってきます。
壁の構造上、RC造の方が遮音性は高くなります。住民の問題としては、楽器、オーディオ、暴れる、騒ぐなど、音を発生させる行為が上げられます。子供が騒ぐ声や暴れる足音、ペットの鳴き声は特にトラブルの基です。騒音は人によって、また度合いによっては精神的苦痛に感じられる場合もあり、賠償問題にもなりかねません。人為的なことは特に、騒音の原因となっていないか、節度を守っているか、今一度自分自身の生活も確認した方が良いかもしれません。
マンション周囲の騒音問題は、道路、電車、工事などが上げられます。現地を確認せずに購入された青田売りのマンションの場合に多く、また、現在は問題のない立地でも、将来的に騒音を出すような大規模な工事などが行われる場合もあります。

モデルルーム見学のチェックポイント

マンションの購入をする時、欠かせないのがモデルルームの見学会です。マンションの完成前に販売をする青田売りの場合はモデルルームは実物大のサンプルになりますので、実物における不備までは見ることができません。完成したマンションが売られる場合には実際のマンションの中の1つの部屋が公開されます。その場合は実物になるので、マンションに住む上で実際に問題となりそうな点まで細かなチェックが可能です。どちらの場合も、メジャーとカメラがあると便利です。
メジャーは家具を置くスペースなどを測るのに使いますが、モデルルームと実際に購入する部屋とは、グレードによって間取りやサイズが異なることがあるので注意が必要です。また、カメラは部屋のイメージを残しておくのに必要となりますが、部屋の雰囲気もオプションや照明などによって豪華に装飾されていますので、その点を踏まえて見学する必要があります。さらに実物を確認できる場合には、ビー玉を使うことで、床の傾きが確認出来ます。床の傾きはマンションが建てられている地盤の問題につながっていることがありますので要注意です。
専門家などからの情報が収集できれば、詳しく調べた方が良いでしょう。また、隣人の騒音問題などのトラブル回避のためにも、壁の厚さや遮音性なども確認したいところです。

マンション購入について

最近ではマンションの増加とともに、賃貸よりも若いうちからマンションを購入する人が多くなってきているようです。その訳は、賃貸で借りて賃貸料金を払うのも、マンションを購入してローンを払うのも、ほとんど払う月額料金に変わりがないからです。また、マンションを購入した方が月額が少々高くなる場合でも、賃貸物件では1年ないし2年おきの更新時に更新料を払うことになりますので、結局のところ、後々に自分の資産となるものにお金を払っていく方が良いという考えからのようです。
マンションを購入した場合、簡単に引っ越しなどができなくなるなどデメリットとなる点もありますが、思い切って購入される方が増えているようです。それでも何千万円もする高い買い物ですから、そうそう簡単に購入の決断は出来ませんが、その後押しをするのは、特にマンション購入時に頭金がなくても購入できるマンションが増えてきていることにもあります。ただし、税金や諸経費はかかることになるので、まったく蓄えなしで購入することは勿論出来ませんので注意して下さい。
また、頭金がない分、毎月の返済額や返済期間が変ってきますので、その点もしっかりと計画的に検討する必要があります。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www..com/" target="_blank">●</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。